格安SIMでも加入できるスマホの保険ってどんなの?おすすめ2選を紹介します!

スマホ
ぷく太郎
ぷく太郎

やっと格安SIMに切り替えたんだ~
携帯代も安くなったし、これで一安心!
でも一つ気がかりなことが・・・

ミニフク
ミニフク

何かな?

ぷく太郎<br>
ぷく太郎

格安SIMの切り替えと同時に、キャリアで入っていた有償の補償サービスが利用できなくなっちゃったんだよね><

ミニフク
ミニフク

それなら、スマホの保険というものがあるよ!
スマホの保険に入れば、故障や紛失の時に保険金が下りるからいざというときに安心なんだ!

スポンサーリンク

スマホの保険とは?

スマホの保険とは、携帯電話が破損、故障、水没等で修理にだした場合に保険金が下りるというものです。キャリアの有償補償サービスやAppleCareに加入していても、通常、自己負担額が発生しますが、スマホの保険では自己負担額0円で修理ができるものがあります。 (盗難紛失の場合は、例外)

また、スマホの保険はモノではなく人に紐づく保険のため、機種変更をしても継続して加入することができます。

そもそも、スマホの保険は入った方がいいの?

結論、iPhoneであればスマホの保険に入ることを強くおすすめします。iPhoneでは機種代が高額化していることもあり、その分の修理代も比例して高くなってきています。
以下、正規店でiphoneを修理した場合の修理費用の目安です。

液晶交換液体損傷、水没による復旧修理
iPhoneX3万6万
iPhone7、81万6千円4万
iPhone6S1万6千円 4万

特に格安SIMに切り替えると、必然的にAppleCareやキャリアの有償補償サービスが解約されてしまいます。しかし、スマホの保険に加入することで、その有償補償サービスと同じような補償を継続させることができるのです。

もちろんアンドロイドの場合でも加入はおすすめします。修理内容で一番多いのは画面割れです。特にギャラクシーシリーズで画面破損した場合、高いシリーズだと4万円程の修理費用がかかります。
スマホの保険に加入するか迷った場合は、どのような理由で損傷する可能性が高いか、その場合の修理費用はいくらかを調べてから、加入を検討してもいいかもしれませんね!

おすすめのスマホの保険は2つ!

それでは、スマホの保険にはどんなものがあるのでしょうか?
私がおすすめする保険は2つあります。

モバイル保険

モバイル保険は携帯を直して長く使用して欲しいという思いから生まれた商品です。提携修理店で修理すれば、自己負担額0円で修理をしてくれます。(提携修理店以外の場合は、一旦費用を負担して、後から保険金を請求)
モバイル保険では以下の特徴があります。

年間で10万円まで何度でも補償可能

修理費用保険金として年間10万円まで何回でも補償されます。修理不可の場合でも最大2万5千円の保険金ができます。

1契約につき3台のデバイスを補償できる

携帯端末だけでなく、ゲーム機、パソコン、タブレット、モバイルルーター、スマートウォッチなどの無線搭載機器を3台まで1契約で補償対象とすることができます。
1人あたりの情報通信機器の所持数は平均3台以上と言われている現在、このモバイル保険に加入するだけで3台まとめて補償できるのは魅力的ですね!

justInCaseのスマホの保険

ジャストインケースさんは新しい技術を用いながら、これまでにない保険商品を提供している会社です。被保険者の公平性を保つために、独自のシステムの開発・導入をしています。
ここで、メディアにも多数取り上げられ、都民のニーズや課題解決の提案を行った事業者を選出する「東京金融賞 都民ニーズ解決部門」で1位を獲得したジャストインケースさんのスマホ保険の特徴をお伝えしたいと思います。

任意のタイミングで加入が可能

先ほどのモバイル保険では、スマホを新規取得した日から1年以内、あるいはモバイル保険への申し込み時点でキャリアの有償補償サービスに加入していた場合にのみ、加入ができます。
私もですが格安SIMに切り替えて落ち着いたころに、「そういえば切り替えと同時に有償サービスも解約せざるをえなかったけど、何か代わりのものがあるかな?」っていう考えに至るんですよね。そこからネットで調べてモバイル保険の存在を知っても、既に有償サービスを解約しているのであれば時遅し。残念ながらもボイル保険への加入はできないのです・・・
しかし、このジャストインケースのモバイル保険では加入のタイミングについての制約はないため、格安SIMへの切り替え時でなくても、いつでも加入できちゃうんです!
モバイル保険だけでなく、AppleCareやキャリアなどの有償補償サービスもスマホの購入時にしか加入できない中で、この加入タイミングを選べるという特徴はかなりの強みだと個人的には思います。(もちろん、状態はある程度よいものに限ります。)

スマホを安全に使えば30%ほどの割引が可能

申込時にダウンロードした専用アプリで、日常動作での携帯損傷リスクのスコア化を行います。スマホに標準搭載されている加速度センサーなどのデータを専用アプリが計測して、スコアを算出する仕組みとなっています。
運動時に携帯を所持していた李、乱暴に扱ったりすると、スコアが低くなり、割引率も下がりますが、
スコアがよければ更新時に平均30%の割引が入ります。
ジャストインケースのスマホ保険では機種ごとに保険料が設定されており、高くても月々1,000円程度です。これに30%の割引が入ると700円程度になるというわけです。

モバイル保険とスマホ保険を比較

モバイル保険とスマホ保険では保険料などの細かな違いがあります。

モバイル保険スマホ保険
保険料月々700円機種により異なる(356円~)
修理上限額10万機種により異なる
補償内容破損、故障、水濡れ、盗難破損、故障、水濡れ、盗難、紛失

スマホ保険では紛失も対象になるのはいいですね!

どちらのスマホの保険に加入すべき?

2つの保険を比較してみましたが、結局どちらの保険に加入するのがよいかをケースごとにまとめてみました。

5S以降のiPhoneで格安SIMに切り替えた人はジャストインケースのスマホ保険

実は、ジャストインケースのスマホ保険に加入ができない場合があります。
それは、スマホの機種がiPhone5Sより前のものや格安スマホなどのアンドロイドの場合です。
ジャストインケースのスマホ保険の対象機種はiPhone5S以降に発売されたiPhoneのみになります。
古いiPhoneの場合は格安SIMに切り替えると同時にモバイル保険に加入し、格安スマホの場合はほとんどの格安SIMを提供している会社で有償補償サービスを提供しているはずなのでそれに加入するか、モバイル保険に加入するかになります。
逆に、iPhoneで格安SIMに切り替えた人にはジャストインケースのスマホ保険がおすすめです。

中古品であればジャストインケースのスマホ保険

モバイル保険では携帯機器を新規取得してから一年以内でないと対象外になります。また、中古品の場合、国内メーカーの製品かつ、端末取得日から3ヶ月以上の販売店による保証がない場合でも対象外になります。

一方、ジャストインケースのスマホ保険では、購入から1年以上経過している携帯やオークションやフリマで購入した中古の携帯でも対象となります。

パソコンなど他の通信機器も含めて補償したい場合はモバイル保険

モバイル保険の強みは、3台まで1契約で補償の対象とすることができる点です。
ゲーム機やパソコンなどを持ち歩いたりする人も多いと思いますが、いざというときのために保険をかけるという意識をもっている人は少ないのではないでしょうか?「わざわざゲーム機などに保険をかけるのはちょっと・・・」という人でも、モバイル保険で携帯を補償すると同時に他のデバイスもついでに補償することができちゃうんですね。

スマホの保険の注意点

スマホの保険はAppleCareでは対象となるバッテリー交換には対応していません。
あくまで損傷による修理が補償内容となります。

まとめ

いかがでしたか?
格安SIMに切り替えた時に自動的に解約になってしまうAppleCareやキャリアの有償補償サービスですが、その代わりとなるのがスマホの保険です。
スマホの保険はすこしずつ補償も金額も違うので、どういうときに備えておきたいかなどを考えた上で、自分にあった保険を選んでみてはいかがでしょうか?