成田空港までのアクセス方法はどれが一番いいの?

成田空港は一日10万人が利用する海外と日本の玄関口です。
近年だと、LCCの増加に伴い、成田空港を利用する機会も以前より増えてきました。
しかし、千葉県に位置する成田空港は都内になる羽田空港と比べるとアクセスが難しいというイメージをお持ちの方も多いのではないのでしょうか?
今回は、そんなイメージをお持ちの方に、実は成田空港へのアクセス方法がこんなにあるんだ!っていうことをお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

成田空港へのアクセス方法は3つ

バス

バスを利用する場合は、インターネットで予め予約することができます。
あとは、指定の時間までにバス停に行ってバスに乗るだけで、バスの運転手さんが成田空港のターミナル前までつれていってくれます。
あえてマイナス点をあげるとなると、道路の交通状態で遅れが発生する可能性がある点です。とは言え、電車でも人身事故や天候などで遅延が発生する可能性はゼロではないですし、私も今までに大幅な遅延に出会ったことはないので、そこまで心配することはないと思います。

エアポートバス東京・成田

エアポート東京・成田は 2020年2月1日 に”THEアクセス成田”と”Tokyo Shuttle”が統合して誕生したバスです。銀座駅、東京駅⇔東京駅区間で運行しており、銀座駅、東京駅ともに、駅からすぐの場所にバス停があります。
エアポート東京・成田のおすすめポイントは、大人1,000円の安さで、1時間程度バスに乗ってれば、成田空港に到着してしまうところです!
充電もできるバスもあり、席も比較的広々としていて、しかも安くて早い!
私もよく利用しており、東京駅と銀座駅にアクセスしやすい方であれば、自信をもっておすすめできる成田空港への交通手段です。

予約サイト:https://www.tyo-nrt.com/

リムジンバス

リムジンバスは、東京、神奈川、千葉、埼玉エリア⇔成田空港間を運航しているバスです。
電源やWi-Fiも完備されており、荷物も2個まで荷物入れに預け入れすることができます。
バス停は100以上もあり、エアポート東京・成田と比べても運航路線は断然多いのですが、値段が2倍ほど高いのが弱点です。
東京駅や銀座駅まで行くのが面倒だったり、東京駅・銀座駅までの電車賃の方が余計にかかるという方であれば、リムジンバスで近くのバス停を探す方がいいかもしれません。

【バスのおすすめ度合い】

安さ  ★★★★★
楽さ  ★★★★☆
速さ  ★★★☆☆
快適さ ★★★★☆

電車

電車の場合、成田空港へのアクセスを目的とした路線が2つあります。

京成スカイライナー

京成スカイライナーは上野・日暮里⇔成田空港を結ぶ電車です。
2,500円程度で、乗り換えなしで40分ほどで成田空港に到着します。

成田エクスプレス

成田エクスプレスは主要駅⇔成田空港を結ぶ電車です。
3,500円程度で、こちらも乗り換えなしで東京駅からだと最短50分ほどで成田空港に到着します。京成スカイライナーより値段が高めですが、停車駅が多いので利用はとてもしやすいです。

【電車のおすすめ度合い】

安さ  ★★☆☆☆
楽さ  ★★★★☆
速さ  ★★★★★
快適さ ★★★☆☆

成田空港には駐車場があります。
料金は一日2,000円程度で、GWなどの混雑が予想される時期には駐車場は予約しておくことも可能です。
しかし、バスや電車と比べて駐車場代が高くつくため、あまりおすすめはしません。

【車のおすすめ度合い】

安さ  ★☆☆☆☆
楽さ  ★★★★☆
速さ  ★★★☆☆
快適さ ★★★☆☆

まとめ

いかがでしたか?
成田空港へのアクスセス方法はいくつかありますが、飛行機の時間帯や出発地点によって、どの手段が一番良いのかは違ってきます。
旅をするにはお金も体力も消費されるので、なるべく楽さと安さを優先して考えるのがいいかもしれません!