実は、宝の宝庫?!インスタ広告はセールやキャンペーン情報が満載!

ぷく太郎
ぷく太郎

インスタ広告って、あのInstagramに流れてくる広告のことだよね?
広告っていうとこのページにも貼られているように、ユーザーの興味のありそうなものを表示して、ワンクリックでサイトに誘導して商品などを買ってもらうというイメージなんだけど・・・
インスタ広告はそれとは違うってこと?

ミニフク
ミニフク

実は少しだけ違うんだよね!
インスタ広告も他の広告と同じく閲、覧者の興味のありそうな分野を表示するんだけど、表示する内容はどちらかというとキャンペーンやセール情報の宣伝要素が強いんだ!

Instagramは若い女性を中心に大人気のSNSです。
主な機能として、画像や動画を投稿でき、気に入った投稿には「いいね!」やコメントをすることができます。また、それぞれの投稿につけられる#(ハッシュタグ)をタップすることで、一気に同じハッシュタグがついた投稿を見ることができます。
Instagramのタイムラインには、原則、フォロワーの投稿だけが流れてきますが、5~8個の投稿に1回くらいの頻度で、広告が混ざってきます。

全体の2割が広告だと思うと、とても邪魔に感じますよね。

筆者も最初はこの広告が邪魔で邪魔で仕方がなく、まったく広告には目もくれていませんでした。しかしある時、自分が使っている化粧品の「SNS限定セール」という広告が目に留まってから、実はインスタ広告はとても有益な情報だらけではないのか?!と思うようになりました。
そこで今回は、よくよく見てみると意外とお得情報の宝庫ともいえるインスタ広告について、取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

タイムラインに出てくる広告は、どうやって決まるの?

Instagramの公式サイトから、以下のものからユーザーの興味がある分野の情報を判別し、その分野に関する広告を表示します。

① Instagramで「いいね!」したものやフォローしている人
②親会社であるFacebookで 「いいね!」したもの やクリックした広告
③訪問先のウェブサイト
④インストールしているアプリ

普段、何げなく検索していることも ” ユーザーの興味のある分野”として、情報が日々蓄積されていきます。
私で言うと、使っている化粧品についてウェブサイトで検索することで、「このユーザーはAの化粧品に少なからず興味がある」と認識され、InstagramにAの化粧品のセール情報が表示される、という仕組みになっているのです。

インスタ広告にはどういうお得情報があるの?

商品やサービスの紹介を除いたインスタ広告のお得な情報は、大きく3つに分けられます。

プレゼントキャンペーン情報

フォロー&いいね!やフォロー&コメントなどのアクションを行うことで、豪華な賞品が当たるというものです。
このプレゼントキャンペーンの広告が一番多く、広告主もフォロワーを増やすことができ、ユーザーも豪華賞品を無料でもらえるというWIN-WINな仕組みとなります。

セール内容の告知

セール情報を教えてくれたり、SNS限定のセールサイトに誘導してくれます。

インスタ広告限定で対象商品を購入できる割引券

数は少ないですが、インスタ広告をクリックすると時間制限で使用できる割引券で対象商品を購入することができます。

広告をもう一度見たい場合は?

タイムラインを更新したり、ストーリーズを閉じたりするとインスタ広告は消えてしまいます。
私は一度消えてしまったインスタ広告を再表示するために、何度もタイムラインを更新したり、ストーリーズをエンドレスに再生したことがあります。
運がよければすぐに同じ広告を表示できることもありますが、何度やっても再表示されない場合もありますし、結構な労力がかかりました・・・
しかし、そんなことをせずとも実はインスタ広告を再表示できる方法があるのです!


その方法がこちら↓

インスタ広告を再表示する方法

①Instagramを開き、一番右下の”人”のマークをクリック
②自分の管理画面が表示されたら、一番右上の三本横線のボタンをクリック
③一番下に設定ボタンがあるので、それをクリック
④広告ボタンをクリック
⑤広告アクティビティをクリック

この方法で、過去にクリックしたストーリーズ広告とタイムラインの広告の一覧を表示することができます。

上記のインスタ広告を再表示する方法は、クリックしたことのある広告のみです。
タイムラインやストーリーズに表示されたことがあっても、何もアクションをとっていないと再表示の一覧には載ってきません。

まとめ

いかがでしたか?
インスタ広告は意外と自分にとって良い情報が含まれています。
「広告は絶対みない」と意思を固めるよりは、「自分にとって有益な情報があるかもしれない」とポジティブに見てみると、掘り出し情報に出会うかもしれません!