初めての方でも大丈夫!e-Taxで確定申告をする方法を一から教えます!

ぷく太郎
ぷく太郎

ふるさと納税でうっかりワンストップ申請するの忘れちゃった・・・
税務署に行って確定申請しないといけないけど、めんどくさいな

ミニフク
ミニフク

たしかに、限られた期間内に税務署に行かないといけないのは結構大変だよね。
でも、今ではe-Taxというネットで確定申告ができるサービスがあるんだ!

ぷく太郎
ぷく太郎

え?!そうなの?!
やり方を教えて!!

スポンサーリンク

e-Taxとは?

e-Taxとは国税庁が運営する国税を申請を行うためのサービスです。正式名称は、”国税電子申告・納税システム”で、e-Taxはシステムの通称となります。

e-Taxは携帯で24時間確定申告可能です。
しかも1月初めから申請でき、税務署での手続きよりも1か月以上早く手続きができるのです。

e-Taxの利用方法は2つ

以前はマイナンバーカードを持っていないとe-Taxを利用することはできませんでした。しかし、2019年1月より、マイナンバーカードをもっていなくてもe-Taxを利用できるようになりました。

それでは現行の2つの利用方式をご紹介します!

ID・パスワード方式

ID・パスワード方式は、マイナンバーカードをまだ持っていない人でもe-Taxを利用できる方法です。

マイナンバーカードの代わりに必要となるのはe-TaxのID・パスワードです。ID・パスワードはネットで申請して取得するか、税務署に行って取得するかの2つの方法があります。

そもそもe-Taxを利用するのも税務署に行って待つのがめんどくさいからという理由が多いと思うので、出来ればネットでID・パスワードを申請したいと考えますよね。

ただ、ネットで申請する場合、データの作成者は誰か、送信されたデータは改ざんされていないかを確認するために電子証明書の発行が必要となります。この電子証明書の発行機関は複数ありますが、唯一無料で利用できる公的個人認証サービスはマイナンバーカードを必要とします。


有料(1万円以上)であれば、セコムパスポートでマイナンバーカードがなくても電子証明書を発行できますが、結局、マイナンバーカードを発行する方が一番安く楽な方法になるのです。

ID・パスワード方式は暫定的な方法のため、できれば早めにマイナンバーカードを取得してマイナンバーカード方式を利用することをおすすめします。

マイナンバーカード方式

マイナンバーカード方式は、マイナンバーカードを持っている人向けのe-Taxの利用方法です。

「マイナンバーカードを利用するってことは、こっちは従来通りのやり方を引き継いだ方か!」と思われるかもしれませんが、2019年1月以前よりもっと申請方法が簡素化されています。

従来は、申告時に①TaxのID・パスワード ②マイナンバーカード ③ICカードリーダーライタ”が必要でしたが、2つの方式に分かれてから、①のID・パスワードが不要になりました。

「んんん?!ICカードリーダライタなんてもっていないよ!」という方、ご安心ください。今ではスマートフォンでマイナンバーを読み取れるんです!やり方については別の記事でご紹介しますね!

携帯でID・パスワード方式で申告する手順

e-Taxは携帯でもパソコンでもりようできます。

ここでは、利用場所がとらわれない携帯でe-Taxを利用する手順について、説明したいと思います。

【ステップ1】ID・パスワード方式の届出完了通知を取得する

さきほど、ID・パスワードの取得方法はネットと税務署に行くかの2通りとお伝えしました。

マイナンバーカードを持っていない方はネットでID・パスワードを申請するよりも税務署に行って取得する方が費用も大きく抑えられるので、簡単にですが税務署でのID・パスワードの取得方法をお伝えします。

①税務署に行く
仕事場の近くでも家の近くでもどこの税務署でも大丈夫です。

②ID・パスワード方式届出コーナーで必要事項を入力
順番がきたら税務署内に設置のパソコンを使い、国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナー内に「ID・パスワード方式届出コーナー」があるので、必要事項を入力します。

③ID・パスワード方式の届出完了通知が発行される

ID・パスワード方式届出コーナー

ID・パスワード方式の届出完了通知

「届出完了通知 見本」の画像検索結果

ID・パスワード方式の届出完了通知は確定申告時期以外でも、税務署の営業時間内であればいつでも発行してもらえます。

私が発行したときは、平日13時半ころに税務署に着いてから発行までに40分ほどかかりました。

【ステップ2】確定申告書等作成コーナーで申告書を作成する

以下の画面の順番で進んでいきます。

①国税庁の「所得税(確定申告書等作成コーナー)」にアクセスします。

「確定申告書等の作成はこちら」をクリック

②作成開始をクリック

③質問に回答していきます。

④ID・パスワード方式の届出完了通知に記載のパスワードと各自で設定した暗証番号を入力します。

⑤本人情報、住所、予定納税額を入力し、「内容を登録」します。

e-Taxのメリットとデメリット

e-Taxのメリット

①24時間どこでもネットで確定申告できる

e-Taxの一番のメリットは、携帯でどこでも確定申告できる点です。

税務署の営業時間は平日の17時まで、確定申告時期だと休日に営業しているところもありますが、とても混み合っています。

特に働いている人にとって、大事な休日に税務署に行って手続きをする負担がなくなるのは大きいですね!

②確定申告時期は税務署での手続きより長い

税務署での確定申告時期は2月半ば~3月半ばまでの1か月に限られます。

e-Taxを利用すると、1月初めから申告できます。1か月半ほど手続きの期間が長くなるため、少しは余裕を持って手続きできるはずです。

③本人確認資料等の添付が不要

税務署での確定申告では免許証などの本人確認資料が必要になりますが、e-Taxでは必要事項を入力するだけで、PDFなどのファイルの添付も不要になります。

その他にも医療費の領収書、源泉徴収票などの提出・提示が省略できます。

④還付が早い

e-Taxでの確定申告の方が、税務署での申告よりも断然早いです。

税務署での手続きは還付までに1か月~1か月半かかりますが、e-Taxを利用すると3週間ほどで還付されます。

メリット

①24時間どこでもネットで確定申告できる

②確定申告時期は税務署での手続きより長い

③本人確認資料の添付が不要

④還付が早い

e-Taxのデメリット

①ID・パスワード方式は一度税務署に行く必要がある

ID・パスワード方式の届出完了通知は税務署で発行しているため、結局、一度は税務署に行く必要があります。(ネットでも発行できますが、電子証明書を発行するのに、1万以上支払う場合があります。)

ただし、その時期は税務署が開いている時間ならいつでもいいので、混み合う時間や時期を避けていけば、負担は少なめでしょう!

②利用環境が限られている

e-Taxを利用する場合、パソコンと携帯、どちらも利用環境が指定されています。
利用環境は以下の公式HPで確認しましょう。

デメリット

①ID・パスワード方式は一度税務署に行く必要がある

②利用環境が限られている

まとめ

いかがでしたか?
e-Taxはいつでもどこでも確定申告ができるサービスです。
慣れてしまえば簡単ですので、ぜひ利用してみてください!